小中進写真 001.jpg

 子や孫のために、
 「上関原発」は
 建設させません。

「政治には人の命がかかっている」
小中 進の重点目標
どこまでも県民目線で県政に取り組みます

1.上関原発をやめさせて、安全で安心のできる郷土を
岩国基地拡張にNO、安全と自然環境に重視した河川事業
 ・岩国基地拡大NO、日米地位協定の改正を求めます。
 ・イージス・アショア配備計画には反対します。
 ・安全第一に自然環境に配慮した河川事業の推進
 ・災害に強い街づくり、安全対策の推進

2.企業誘致の促進と、中小企業の振興で雇用の増加を
若者の定住へ、後継者育成支援制度・補助金制度の見直し
 ・ITなど新規企業の開発や誘致の推進
 ・自然破壊の廃プラスチックの処理で新エネルギー化へ

3.農林水産業の振興と、福祉・医療・生活の向上
後継・新就業者へ支援制度、介護・国保・水道料の引き下げ
 ・農業、林業、漁業の6次産業化(生産、加工、販売、輸出)
 ・介護保険料、国民健康保険料、水道料の負担軽減

4.財政再建に取り組み、大型公共事業の見直しを
1兆2千500億円の県債残高は、まず組織の再編から
 ・下関北九州道路(2000億円)、山口宇部小野田連絡道路
 ・平瀬ダム(840億)、大型港湾事業

5.教育改革を推進し、夢や希望を抱き、志を育む環境を
地域・家庭・学校の連携で教育に意欲を、子育て支援制度の整備
 ・教職員の多忙化を解消し生徒と向き合える教育の実施
 ・保育料、授業料を高校卒業まで無償化
 ・医療費助成制度を中学卒業まで拡充

6.お年寄りから子供まで安心して暮らせる住みよい地域を
自治会支援制度の導入、病院・公共施設・商店を結ぶ循環バス
 ・行政・企業による自治会支援制度の導入で地域の活性化

《ふるさとを守るのは、私たちの責任》

がんばれ!柳井学園高校野球部がんばれ!柳井学園高校野球部




↑上のボタンをクリックすると、「原発いらん!山口ネットワーク」の活動紹介のページに進みます。

以下は配布資料からの抜粋です。
◎2017年3月配布


◎2016年9月配布

◎2016年8月配布

◎2016年6月配布



◎2016年5月配布

◎2015年以前の配布